FRP製のタンク、配管部品、プラントの設計施工なら富洋レヂン工業

電話番号0545-61-7804 受付時間8:30~16:30 お問い合わせはこちら
FRPとは
トップページ > FRPとは

FRPとは

Fiberglass Reinforced Plastics の略で、硝子繊維で強化したプラスチックスという意味をもち、通常、強化プラスチックスと呼ばれています。

FRPは、鉄筋コンクリートが鉄骨とコンクリートの複合で優れた強度を得ているように、耐水、耐薬、耐熱性に富んだ樹脂をマトリックスとして使用する一方、抗張力に優れた性能を有する硝子繊維との複合材料であって、優れた耐蝕性と高い強度を併せ持った材料は他に類を見ません。FRPの用途としては、従来浴槽、浄化槽などの住宅機材及び波板、平板等の建材として使用されておりましたが、最近はさらにその耐蝕性、耐薬品性、軽量にして機械的強度すぐれかつ耐久性に富んでいる点が着目され金属に変りあらゆるプラント建設機器の製造等広範囲に利用されております。

特長
・機械的強度が高く、かつ軽量です。
・耐蝕性、耐熱性、耐寒性に優れています。
・熱膨張係数が小さく、断熱性に優れています。
・成形、形状に自由性があります。
・メンテナンス・フリーでメンテナンスコスト低減がはかれます。
FRP

硝子繊維で強化されたプラスチック(FRP)


樹脂タイプ特長
不飽和ポリエステル樹脂 オルソ系一般用
不飽和ポリエステル樹脂 イソ系耐蝕用(耐水・耐酸・耐熱性)
不飽和ポリエステル樹脂 ビスフェノール系高耐蝕用(耐酸・耐アルカリ・耐熱性)
ビニールエステル樹脂超高耐蝕用(耐酸・耐アルカリ・耐溶剤・耐熱性)

性質
項目\材質FRP
(HL工法)
FRP
(FW工法)

(SS400)
ステンレス
(SUS 316)
アルミニウム
(一般用)
硬塩ビ
(一般用)
比重1.5~1.71.8~2.17.87.92.71.47
曲げ強さ
kg/mm2
15~2520~30---7~11
引張り強さ
kg/mm2
9~1530~3520~2321~354.2~193~5
熱伝導率
kcal/mhr℃
0.2~0.250.23~0.2532~5712~23100~2000.2
吸水率
%
0.1~0.20.1~0.2---0.1~0.4
比熱
cal/gr℃
0.31~0.330.31~0.330.100.110.220.2~0.3
硬度
(バコール)
35~5035~50----
曲げ弾性率
kg/mm2
700~9001,500~2,50021,00021,0007,000300

ページの先頭に戻る

〒416-0931 静岡県富士市蓼原1073-4
TEL 0545-61-7804 FAX 0545-64-0564